八王子で家を建てる、リフォームするならこの工務店!

費用面

地元工務店で家を建てる、リフォームするメリット・デメリットのうち、ここでは費用面についてみていきましょう。

地元工務店に依頼するメリットとは

工務店の特徴としてまず挙げられるのが、費用について融通がききやすい点。規模が小さく、小回りのきく業者が多いため、ハウスメーカーにありがちな仕様制限に縛られるケースも少なくなります。なので、不整形であったり狭小であったりしても大きなコストアップを心配せずに家を建てられるということです。

また、著名な建築家に設計を依頼するわけでもないので、建築費用をおさえられたり、建築期間も短くできます。建築期間が短くて済むということは、仮住まいが必要なケースでは出費もそれだけ少なくて済むということ。

つまり、工務店に依頼する費用面でのメリットは、費用そのものが安価に抑えられるということでしょう。

大手メーカーの場合、実際の建築作業は下請け業者・孫請け業者が請け負うことが多く、その分、コストもかかってしまうのです。

では、デメリットはというと、工務店の設計力いかんによっては土地の短所を塞ぎきれない場合もあることがあげられます。

規模が小さければ小さいほど、どうしても人材が限られてくるわけですから、難易度の高い要求に応えられない工務店もないわけではありません。

もちろん、評判の高い工務店であればそれなりの仕事は保証してくれるでしょうから、「地域での評判の高さ」というのも工務店選びの重要なポイントとなってくるのです。