八王子で家を建てる、リフォームするならこの工務店!

工務店基礎知識

こちらでは工務店の基本的な知識と、ハウスメーカーとの違いについてご紹介しています。

工務店とは?

工務店とは住宅を建築する際の工事を、全般的に管理して請け負っている業者のことです。住宅を建てるときに関わってくる業者は非常に多く、代表的な業者だけで次のようになっています。

  • 土地に関する業務を行う土木業者
  • 住宅周辺のコンクリート、ブロックを担当する外構業者
  • 足場を組みたてる鳶
  • 家を組み立てる大工
  • 壁や天井など内装に関わる内装業者
  • 窓や入口の取り付けを行うサッシ業者
  • 水道、電気、配管などの設備を整える各業者

このように多くの業者が住宅の建築に関わりますが、それを取りまとめる役目を担っているのが工務店です。

以前、この工務店の役割を果たしていたのは大工の棟梁でした。それが現在は工務店という形になっているため、現在も社長が大工を行っている工務店はよく見かけられます。

工務店でも様々な種類がある

工務店といえば地元に密着した小さな工務店というイメージがありますが、最近ではかなり大規模な工務店も存在しており、その種類は主に3つに分けられます。

地元密着型の工務店

規模が小さく、工務店周辺の地域でのみ業務を行う地元密着型の工務店です。

フランチャイズ化された工務店

フランチャイズに加盟して、本部の意向に沿って業務を行うタイプの工務店です。

地域密着型の中堅工務店

通常の工務店よりも規模が大きい工務店で、モデルハウスや展示場を持っている場合もあります。自社ブランドの住宅を展開している、近隣に支店や営業所を出しているなどの特徴がある中規模工務店です。

工務店とハウスメーカーはどう違う?

従来の工務店のイメージよりも規模が大きい工務店が出てきたことによって、工務店とハウスメーカーの違いは以前よりも分かりにくくなってきています。そこで、工務店とハウスメーカーの違いについてまとめてみます。

  工務店 ハウスメーカー
規模 地元、近隣都道府県までの展開 全国
自由度 施主の希望が通りやすく自由度が高い ひな形が決まっていて自由度が低い
品質 工務店によって差が出る 品質は一定になることが多い
コスト ハウスメーカーと比べて低め 管理コストがプラスされるため高め
ローン 銀行と関係が深く組みやすい 組みやすさなどは特にない

工務店は規模が大きいところであっても近隣の県までの展開です。住宅を商品として扱うハウスメーカーよりも住宅を建てる際の自由度が高く、コストは低いので、例えば注文住宅を建てる際には工務店の方が圧倒的に希望に近い住宅を建てることができるでしょう。

ただし、工務店の技術によって住宅の品質に差が出るため、工務店を利用する際には信頼できる工務店の選択がとても大切になります。